活動量計 腕時計 ナイキ FuelBand

腕時計型の活動量計は「Nike FuelBand」で決まり!

スポンサードリンク

活動量計にも様々な種類の製品があります。

 

ポケットに入れて使用するものや上半身に装着して使用するもの、鞄の中に入れても使用できるものなどです。

 

 

今回は腕時計型の活動量計について紹介します。

 

 

そもそも腕時計型の活動量計は存在しているのでしょうか。

 

 

実はあのスポーツ製品ブランドが運動しやすいようにと腕時計型の活動量計を製品化していたのです。

 

そのブランドとはNike(ナイキ)

 

Nikeの活動量計「Nike FuelBand」は腕時計のように腕に装着することで、日々の活動量を「Fuel」という独自の単位で計測して表示してくれます。

 

この「Fuel」という単位はどのような単位でどのように計測して出されているものなのかははっきりとはしていませんが、活動量や消費カロリーのように運動した結果として出される情報であることは間違いないでしょう。

 

 

 

この「FuelBand」ですが実際に付けてみて違和感やおかしな点はないのでしょうか。

 

 

実はこの「FuelBand」は腕時計に似るように忠実に作られているためいつも腕時計をして運動している人にとっては全く違和感がありません。

 

 

またこの製品で計測したデータはiPhoneやNikeのデータサイトに転送することでより活用できるようになっています。

 

 

残念なことに現在この製品は日本では発売されていませんが、並行輸入品などは国内に出回っているため興味のある人は購入してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

腕時計型の活動量計は「Nike FuelBand」で決まり!関連ページ

活動量計とは?
活動量計とはどういうものを言うのでしょうか?その意味は人間の動きを測定してどれだけの活動をしたかを測るツールです。歩きだけでなく、家事や仕事などの普段の生活や運動からも消費カロリーを計測します。
活動量計の効果
活動量計の効果はどうするとわかるのか?実は活動量計だけでは、効果の測定はしにくいです。ダイエットしている方なら体重や体脂肪を測り、効果が出ているかどうかがわかりますが、活動量計はあくまで目安です。でも、この目安がないと運動は長続きしないのも事実です。
活動量計のMETs(メッツ)とは?
活動量計は通常METs(メッツ)という単位を使います。このメッツの意味は”運動の激しさ”です。日常生活で歩くよりも早歩きする方がメッツは大きいということです。