活動量計 効果 運動 目安

活動量計を用いることで本当に理想の体になるか?その効果を検証!

スポンサードリンク

活動量計自体には体を健康にしたりダイエットさせたりする力はありません。

 

 

基本的には自分で運動をコントロールするので、活動量計を購入したからといって確実にいい方向に向かうとは限らないということです。

 

 

ですが、活動量計の使い方をマスターし、継続的に運動を続けることができるならば確実に効果は出るでしょう。

 

 

活動量計の機能には消費カロリーを表示してくれる機能が搭載されているのですから自分で設定した、もしくは勝手に活動量計が決めてくれた目標となる消費カロリーを毎日消費し続けることを心がけましょう。

 

 

また継続的に運動をすることでダイエットや健康な体維持以外にも大きなメリットがあります。

 

それは体が運動してカロリーを消費するということを覚えてカロリーを消費しやすい体をつくり上げることができるのです。

 

そのような体になることで激しい運動をすることなく、日々の生活上の行動だけで目標のカロリーを消費できるようになります。

 

 

このように継続ということは大変重要なのです。

 

 

また多くの方がカロリーを消費するということを重点的に行うってしまうかもしれませんが、それでは活動量計を生かしているとはいえません。

 

 

自分の運動したデータをあとでしっかりとまとめて可視化するということが重要なのです。

 

データをPCやスマートフォンに移動してグラフなどにするとわかることがあると思います。

 

どのような運動によってどれくらいのカロリーを消費することができるようになるかです。

 

それを理解することで無駄な運動をなくせるようになり、より効率的にダイエットなどの体作りができるようになるのです。

スポンサードリンク

活動量計を用いることで本当に理想の体になることはできるのか!?関連ページ

活動量計とは?
活動量計とはどういうものを言うのでしょうか?その意味は人間の動きを測定してどれだけの活動をしたかを測るツールです。歩きだけでなく、家事や仕事などの普段の生活や運動からも消費カロリーを計測します。
活動量計のMETs(メッツ)とは?
活動量計は通常METs(メッツ)という単位を使います。このメッツの意味は”運動の激しさ”です。日常生活で歩くよりも早歩きする方がメッツは大きいということです。
腕時計型の活動量計
腕時計型の活動量計はこれまでありませんでした。ただ、そこに目を付けたナイキが最近「Nike FuelBand」を発売しました。特徴は腕時計と同じように違和感なく装着できること。これさえあればいつでもどこでも運動した量がわかります。