歩数計 3D加速度センサー カウント 仕組み

歩数計とは(万歩計とは)どのような仕組みでカウントしてるの?

スポンサードリンク

歩数計とはその字の通りのもので、歩数をカウントする道具で、自分自身が何歩歩いたのかを知るために使用されます。
自分が歩いた歩数をカウントすることで自分がどれくらい運動したのかを知る運動の目安として利用できます。

 

 

歩数計とはどのような仕組みで歩数をカウントしているのでしょうか。

 

通常得られている歩数計は振り子式という仕組みで歩数をカウントしています。
歩くと揺れる振り子の揺れている数をカウントして歩数とします。

 

ですが、この振り子の揺れ方や揺れの大きさによっては振り子があまり揺れないので歩数としてカウントされないことがあります。
また、歩く以外の行動でも歩数をカウントしてしまうので正確な歩数をカウントすることができません。

 

その問題を解決した最近人気が急上昇中の歩数計測方法に加速度センサー式と呼ばれるような仕組みがあります。

 

通称・3D加速度センサー式歩数計と言われています。

 

 

有名なのがタニタやシチズンで発売している3D加速度センサー式歩数計です。

 

加速度センサーとは現在タブレットPCなどにも内蔵されているセンサーで名前の通り速度の変化を計測するセンサーです。
歩数計の動きを元々用意してあった歩き方のデータと比較して揺れが歩きによるものなのかそうでないものなのかを判断します。

 

この加速度式センサーの特徴が、バッグやカバンの中に入れてもしっかり歩数をカウントしてくれることです。

 

 

振り子式では、腰などに固定しないと計測できませんでしたが、
加速度式センサーでは、固定しないでもしっかりカウントしてくれる高性能な特徴を持っています。

 

 

さらに3D加速度センサーは、通常の加速度センサーでは判断できないような三次元の動きも計測することができます。

 

 

ランニングやウォーキングする人にとっては、3D加速度センサー式を備えた歩数計が必需品でしょう。

スポンサードリンク

歩数計とは(万歩計とは)どのような仕組みでカウントしてるの?関連ページ

歩数計は腰につける派?カバンに入れる派?使う種類を把握しよう!
歩数計(万歩計)は腰に固定する方式とカバンやポケットに入れる方式があります。その種類に応じて使い勝手が変わり、固定式はウォーキングなどの運動向き、カバンなどに入れる場合は通勤・通学などに向いています。
歩数計のアプリ
歩数計はもう古いそんなことさえ言われつつある現在。その所以は、一人一台が当たり前のスマートフォンやiPhoneの存在です。歩数計はスマホやアイフォンのアプリとして無料で利用可能なので、これまでの歩数計需要は下がる傾向にありそうです。